必要とされるマナー


胡蝶蘭の大きさや色が決まったら、花を贈る際のマナーについても押さえるべきです。特に、企業どうしでのやり取りでは重要です。胡蝶蘭に添えた敬意を無駄にしないためにも、それぞれ確認したうえで手配しましょう。

開業祝の贈り物の発注は、早めにするべきです。手配が遅れて間に合わないような事態は避けましょう。どんなに遅くなっても、相手が開業する前日には間に合わせなくてはなりません。余裕を持つためにも、早めに手配することをおすすめします。胡蝶蘭を開業祝として贈る際は、鉢にも気を配る必要があります。この時、やってはならないのが赤い鉢を使うことです。開業祝としては不吉とされる可能性があるので、避けなければなりません。

開業祝の胡蝶蘭には、送り主の名前などを書いた木札をつける必要があります。名前など記載内容を間違うと台無しになりかねないので、慎重に内容を決めるべきです。この時、表書きの文面に注意してください。同じ開業祝でも会社では開業、病院では開院となります。発注の際は、文面の確認を徹底しましょう。

さまざまな点を踏まえた上で送られた胡蝶蘭は、きっと贈られた相手の心に届くはずです。また、今後の円滑な関係にも役立つことでしょう。

≪参照HP≫胡蝶蘭専門店 オーキッドスタイル | 移転祝い・開店祝いの贈り物